カンケリデリセット〜第一話〜

野良に別れを告げ
路地裏を進むと
突然、
雨が降ってきました。


「雨宿り。雨宿り。」


妖精が
小さな身体で
“ぴょろぴょろ”と走っていると

一際目立つ
騒がしい灯りのついた
バーを見つけました。


「忍び足。忍び足。」


そう呟きながら
妖精は
そっとそのバーで
雨宿りすることにしました。



コメント

このブログの人気の投稿

唄芝居ニルノラフ

野良ノ唄〜第一話〜

野良ノ唄〜第三話〜